「恐怖や不安」が生む感情とは?(五行と筋肉とキネシオロジー2)

こんにちは!サイファ・キネシオロジーMASUMIです。


今日は陰陽五行の「」の感情について、書きたいと思います。


陰陽五行では「木・火・土・金・水」それぞれに、相生・相剋という相関関係があります。


相生は「生む」がキーワドで、昨日の「水」は「木」を生むものと考えられています。(実際、木は水によって育まれ、成長しますよね?)


相剋は、「コントロール」がキーワドで、「水」は「火」をコントロールします。(実際に、火は水によって消されるので、コントロールされていますよね?)


ということで、「水」の感情である「恐怖・不安」が生む「木」の感情をみていきたいと思います。


「木」の感情は、「怒り」です。


抱え込んだ「恐怖や不安」を隠したり、感じないようにするために、先に「怒り」を爆発させてごまかすことは、結構よくあるパターンですよね?


カウンセリングなどの領域では、しばしば「怒りは二次感情であり、その裏には恐怖だったり悲しみが隠されている」なんて言われますが、「水」の相生関係を考えてもうまく説明できるなあなんて、感心しています(笑)


何かあるとつい反射的に「怒ってしまう」ことがある場合、その「怒り」の裏に「不安や恐怖」などの感情が隠れていないか探してみるといいと思います。

(ちなみに「悲しみ」は「金」の感情であり、「金」が「水」を生むので、「悲しみ」から生まれる「不安や恐怖」が「怒り」を呼ぶなんていう風にも読めますね・・・)


元に戻って、

「木」に関連する経絡は、「胆経」と「肝経」です。


「胆経」に関連した筋肉は、「三角筋(前部)」と「膝窩筋」という筋肉になります。肩の前方の筋肉と膝の後ろの筋肉です。

「肩を怒らせ」ながら怒って、他人を威圧する人などは、実は自分の中の「不安や恐怖」を悟られたくない人だったりして・・・(-_-;)

そして、怒りのあまり「地団太」を踏みたくなるとか・・・?(笑)




「肝経」に関連した筋肉は、「大胸筋胸肋部」と「菱形筋」です。胸の前後の筋肉です。

わたしは怒った時に、よくこぶしを作って顔の前あたりから振り下ろして(テーブルにこぶしを叩きつけるイメージ?)怒りを表現しますが、そういう時に働いていそうな筋肉群ですね(笑)


「木」というのは五行の中では一番最初の段階なので、「怒り」は他の感情よりも早い段階に出やすい・感じやすい感情なのかもしれません。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


☆★☆ セラピーのご案内 ☆★☆

●フルセッション・カウンセリング 1セッション 12,000円(2~3時間)

●カフェキネシ・セッション 1セッション 5,000円(1時間)

●発達支援コーチング 1セッション 6,000円(2時間)


お問合せ・ご予約は・・・

川崎市高津区 カウンセリングルーム サイファ・キネシオロジーまで

こちらのリンクを開くか、

直接、cipher777@@@outlook.comにご連絡ください。

 (迷惑メール対策のため、アドレスを変えています。@マークは1つにしてください。)

メールのお問い合わせで、3営業日経っても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします!!

カウンセリングルームCipher-Kinesiology

いろいろ試したけれど、なかなか改善しない、うつ症状や不定愁訴でお悩みの方へ 20年近い精神科通院を経験したキネシオロジストに相談してみませんか? 経験者だからこそわかることもあります。 あなたが少しでも楽になる方法を探します。 「明日の朝、目覚めることが楽しみになる」、そんな毎日を取り戻しませんか? 東急溝の口駅から徒歩15分 川崎市高津区 カウンセリングルーム サイファ・キネシオロジー