Kinesiology(キネシオロジー)とは

(1)学問とセラピーのキネシオロジー

本来のKinesiology(キネシオロジー)とは、身体運動学、動作学などと訳される学問のカテゴリーで、人間や人間以外の生物の身体の動きの科学を研究する学問分野です。


生理学的、生体力学的、心理学的な運動の原理や運動のメカニズムを扱うものです。


キネシオロジーを人間の健康に応用した人間運動学(Human Kinesiology)と呼ばれるものは、生体力学や整形外科、ストレングス&コンディショニング、スポーツ心理学、心理療法や作業療法などのリハビリテーション手法、スポーツ、エクササイズなどの分野を含みます。


人間と動物の動きの研究には、モーショントラッキングシステムによる測定や筋肉と脳の活動に対する電気生理学、生理機能のさまざまなモニタリング手法、その他の行動・認知の研究技術を含んでいます。(ここまでアメリカ版Wikipediaより抜粋)


セラピーとしてのキネシオロジーは、カイロプラクターのジョージ・グッドハート博士が、キネシオロジーという学問のエッセンスを汲んでカイロプラクティクスに応用し、開発した手法「アプライド・キネシオロジー(AK)」がはじまりです。


アプライド・キネシオロジー(AK)は、医師や鍼灸師などの国家資格を持つ者でないと勉強できないために、アプライド・キネシオロジーを一般の人々でも使えるようにグッドハート博士の弟子であるジョン・シー博士が再編したものが、「タッチフォーヘルス」です。

(2)セラピーとしてのキネシオロジー

現在、「タッチフォーヘルス」から派生したセラピーとしてのキネシオロジーは様々なものがあり、ひとことでどういうものと説明することは難しいですが・・・


多くのキネシオロジーで共通している部分として、筋肉反射テストという検査方法を使うことだと思います。


筋肉反射テストもいろいろなやり方がありますが、基本的には、物事を考えたり、言葉がけをしたときに、注目している筋肉がどういう状態(力が入る・入らないなど)になるかをチェックするものです。

筋肉反射テストで有名なのは、Oリングテストです。


サイファ・キネシオロジーのセラピーは、多くのキネシオロジーの元となっているタッチフォーヘルスにとても近いものです。


タッチフォーヘルスは、カイロプラクティックと東洋医学を融合させた健康法です。


身体は全体でひとつであり、ある部分の不調が身体全体に影響を及ぼすと考えます。


経絡やリンパを通して、ある筋肉群と臓器系にはそれぞれ強いつながりがあり、経絡やリンパの流れを整えることによって対応する筋肉や臓器の状態も整えられます。

このような考え方を元に、身体全体を本来の状態に整えていきます。


また、「人間は肉体的、化学的、心理的、霊的な存在」であり、すべての要素のバランスが取れて初めて健康であるという考えに基づいているため、こころの問題が身体・健康の状態にも大きく影響すると考えています。

それ以外にも、栄養面、構造面(骨格)、エネルギー(氣、経絡、電気など)面、スピリチュアル面などの影響も考慮して、身体全体のバランスを整えていきます。


具体的に身体のバランスを整える方法としては、いろいろな方法を使います。


例えばタッチフォーヘルスで基本となる方法では、14か所(×左右)の筋肉を筋肉反射テストでチェックし、弱かった筋肉に対応した神経リンパポイントや脊椎反射ポイント、神経血管ポイントを刺激して、経絡やリンパ、血液の流れを整えるやり方があります。


ほかにも、頭蓋骨調整やエネルギー整体、メタファーやオラクルカード、アロマ、レゾナンス、インセンス、エッセンス類を使って行うバランス調整法など多岐にわたります。


これらはすべて筋肉反射テストで反応を取りながら、クライアントさんの問題改善に最適なのもを選び、最適な使い方を探します。

すべて、クライアントさんの状態に応じたオーダーメイドのバランス調整です。


サイファ・キネシオロジーでは、クライアントさんのこころの重荷を軽くしていただく目的で、カウンセリングを中心に据えてセラピーを行っていますが、話すことでさらにこころに負担をかけてしまう場合には、具体的な出来事などは話さずに「ストレスの原因となっていることを考えると身体がどうなるか?こころがどう感じるか?」という部分に注目して、全身のバランス修正を行うことも可能です。


もし、どうしても話したくないことがある場合はこういう方法もありますので、どうぞお気軽にご相談ください。