リンク

キネシオロジーに関するものやお役立ち情報等のリンクを集めました。


Facebook


キネシオロジー


お役立ち情報(自助グループなど)

東京・三多摩のうつ病と双極性障害の“雑談会” - 三多摩茶話会

★2014年11月から試行的に開催している武蔵野会場について、このたび別団体として独立することになりましたので、ご報告します。武蔵野茶話会ホームページhttp://harihara2015.wix.com/musasino引き続き当会ともどもご贔屓にお願いします。 ★東京うつ病友の会 3月26日(日)13時30分~16時00分@東京メトロ日比谷線の神谷町駅または都営大江戸線の赤羽橋駅の近く  ★当会は、東京都立川市で気分障害(うつ病や双極性障害)の“雑談会”を開催しています。★近年、うつ病は非常にポピュラーな病気になりました。しかし、私たち患者が自分の病気のこと、自分が思っていることを他人に打ち明けられる場所はなかなかありません。たとえば、私たちにとっても最も身近な“家庭”や、私たちが社会生活を営むうえで中心となる“職場”は、それと同時に、私たちの病状によって利害関係が交錯する場所でもあるので、あまり適切ではないかもしれません。★そこで、匿名の空間で、同じ病気を患う仲間に話を聴いてもらって、「うんうん、そうだよね」と共感してもらう、そういった“気持ちのわかちあい”ができる場所を提供していきたいと、当会は考えています。★この“雑談会”は、“自助グループ”や“患者会”とは少し違って、固定的なメンバーが毎回参加することを想定していせん。ですから、自分の病気のこと、自分が思っていることを仲間に聴いてもらいたいときは、ぜひお気軽にお越しください♪もちろん、過去に参加してくださった方がまた来てくださるのも大歓迎です!  ★第76回茶話会:3月18日(土)14時~16時★場所:立川市女性総合センターアイム 第2会議室 第2学習室(立川駅北口からの徒歩ルート)※“三多摩茶話会”の名前で予約してあります。★参加費:会場代300円★第77回茶話会:4月15日(土)14時~16時★場所:立川市女性総合センターアイム 第2学習室(立川駅北口からの徒歩ルート)※“三多摩茶話会”の名前で予約してあります。★参加費:会場代300円★第78回茶話会:5月20日(土)14時~16時★場所:立川市女性総合センターアイム 第2会議室(立川駅北口からの徒歩ルート)※“三多摩茶話会”の名前で予約してあります。★参加費:会場代300円  ★各自5分くらいで自己紹介×人数★フリートーク★中締

www.geocities.jp

アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)

依存症などの発生・進行・再発防止のため、国の責務や10の基本的施策を示した法律。自分や家族のことで悩んでいませんか? 依存症の基礎知識、書籍、ビデオ、通信講座など。「死のトライアングル」と呼ばれる飲酒・うつ・自殺の関係について解説や調査データ。覚せい剤からニコチンまで。11種類の依存性薬物の作用と落とし穴をお教えします。イッキ飲みの強要はアルコール・ハラスメントという人権侵害。2017年のキャンペーンがスタート!お酒を飲んでの運転は重大な犯罪。飲酒運転被害者遺族の声、予防プログラム、メルマガ配信も。 公式Facebook「ASK 飲酒運転防止プロジェクト」公開中!私はアダルト・チャイルドかも、という方も、アダルト・チルドレンって何? という方も!アルコールが胎児の脳に与える影響とは?活動の中で生まれてきた、オリジナルの講座やプログラム、予防に役立つツールなど。ライフスキルのページ。アサーティブ・トレーニングのアニメを通して自己表現を学ぼう!アルコール・薬物・タバコの予防知識が身につく本格ゲーム。依存症回復者からのメッセージも。 体に入ったお酒のゆくえは? 体内を舞台に楽しみながら勉強できる連載科学読み物。 《依存症回復者によるQ&A》はこちら 季刊Be!126号 /特集―人間関係のドツボ「嫌われてるかも」と思ったとき、できること/「薬物報道ガイドライン」を作ろう/アルコール・薬物・ギャンブル――国の依存症対策 どうなる?/推進計画にみる、自治体ごとの工夫/インタビュー:大藪順子さん 性暴力サバイバーたちの「立ち上がる選択」/年間購読がおすすめです。バックナンバーはこちら。★『アルコールの1単位カード』/アルコールの1単位と、分解時間の目安を知らせて、翌日の酒気帯びを防ぎましょう!カードの裏には、飲酒のリスクとガイドラインも記載。名刺サイズなので、名刺入れやお財布に入れて携帯できます。会った方々に差し上げれば、周囲にアルコールの正しい知識を広げるミニ活動になります!社員啓発グッズ、イベントやキャンペーンでの配布物としても、ぜひご活用ください!CRAFT(クラフト)-アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法 Be!で連載された

www.ask.or.jp

イモーションズ・アノニマス

サイトマップパンフレット EA(イモーションズ・アノニマス)はAA(アルコホーリクス・アノニマス)の12ステッププログラムにならった12ステップグループです。私たちは、感情・情緒的な問題からの回復を共に目指して毎週のミーティングに出席している人々の集まりです。EAメンバーの年齢・経済的状況・社会的地位・学歴などは様々ですが、メンバーになるために必要な条件はただ一つ、感情・情緒的に良くなりたいという願いだけです。  ゆううつ感・怒り・人間関係の緊張や破綻・悲しみ・不安・低い自己評価・パニック症状・異常な恐れ・恨み・嫉妬・罪悪感・絶望感・疲労感・緊張感・倦怠感・引きこもり・強迫的考えや否定的考え・心配・強迫的な振る舞い・様々な病的な依存、その他あらゆる感情的な問題など、いろいろな問題で苦しんでいる人々に対して、わたしたちのプログラムは奇跡をもたらすことで知られています。 EAは無名(アノニマス)のプログラムですので、参加されている方の秘密を常に尊重します。また霊的なプログラムでもあるので自分より大きな力(ハイヤーパワー)を信じるよう強調します。しかしながら特定の宗教ではありません。さらに宗教信念や宗教活動に関係ある人にもない人にも、同等に効果があるのです。 私たちは温かさと受け入れのある雰囲気をつくり、批判される恐れなしに、経験を分かち合います。毎週のミーティングを通して、苦しみの中にいても一人ぼっちではないことに気づくようになります。私たちは違った症状を持っているかもしれませんが、その下に横たわっている感情は、同じか似通ったものなのです。 私たちのプログラムは1971年にミネソタ州セント・ポールで始まり、2007年現在ではアメリカを含む35ヵ国に1000を超えるグループがあります。EAはメンバーの自主的な活動や献金によって支えられ、各メンバー・グループはEA全体の財政を支えるよう、すすめられています。 ミーティングについて EAは医療や精神医学的なサービスは提供しません。個人や家族のカウンセリングもしません。グループミーティングの司会やその他の役割は交代制がとられ、専門家はいません。リーダーはミーティングを進行するだけであり何の権威も持ちません。私たちのミーティングはEAの12のステップを毎日の生活の中で理解し利用して、感情的な健康を達成し維持しようとしてい

emotionsanonymous-jp.org

全日本断酒連盟

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-2-2 エスコート神田岩本町101号 電話:03-3863-1600 FAX:03-3863-1691  ≪アルコール健康障害対策推進基本計画閣議決定≫  本年2月に完成したアルコール健康障害対策推進基本計画(案)は、5月31日の閣議決定を経て、正式に都道府県自治体に通達されました。  この基本計画は国の総合対策の方向性を示したもので、これから全国都道府県各地域の実情を勘案しながら都道府県推進計画の策定へと移行していきます。  基本計画では第1期期間中に(平成28年度より32年度)全47都道府県の推進計画策定が終了することを目指しています。 基本計画は総合対策の第一歩。今後の地域展開と推進体制の構築が重要です。≪全日本断酒連盟賛助会員募集≫ 全日本断酒連盟は、お酒で悩んでいる本人とその家族をはじめ周囲の方々の相談に応じ、本人が飲酒の害から回復し、酒のない新しい生活を始めることで、社会の信頼を回復できるよう支援しております。  「アルコール健康障害対策基本法」に基づく基本計画が閣議決定され、今後は基本法に定める自助団体に課せられた負託に応えるため、より広く社会の人々に支援の輪を広げていかなくてはなりません。これまでの活動費用は会員の会費により賄ってまいりましたが、これからは、多くの法人の皆様、医療機関の皆様、ならびに個人の皆様からの深いご理解と財政面でのご支援をいただくことが不可欠であると考えております。  このような趣旨から、全日本断酒連盟賛助会員の制度をご紹介し、皆様のご賛助をお願い申し上げます。 ◎公益社団法人全日本断酒連盟賛助会員募集のご案内 ◎賛助会員募集要項 ◎入会申込書 ダウンロードのうえ、FAX(03-3863-1691)にて申し込みください。 ≪アルコール健康障害対策基本法関連リンク≫

www.dansyu-renmei.or.jp


その他


ご予約・お問い合わせは、以下のリンクよりお願いいたします。